2005年07月12日

平成17年版 情報通信白書

平成17年版 情報通信白書」っていうのは、総務省が出しているものなんですけれど。

どらねこも、そういうものがあるんだ位は知ってましたけれど、敢えて読んでみるというようなことはしてなかったんです。
でも、ここの記事を読んでちょっとだけ、興味を持っちゃいました。
「ネット利用時間、初めて新聞上回る 新聞は報道せず」
という記事です。
(URLは、http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=307)
ごめんなさい、ここって会員じゃないと全文見られないみたいなんですけど、読める部分だけでも、どらねこの感性にぴぴ──────んときちゃったので、その総務省の情報通信白書ってヤツを読んでみることにしました。

さすがに全部読む気にはなれませんでしたが(爆)
posted by でーひー at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

脱線事故の事

GW中は脱線事故のことでニュースは持ちきりでした。
GW中、どらねこは殆どエントリーしませんでしたが、それは書きたくなかったからとか何も思わなかったからとかではなく、単に落ち着いて書く余裕が無かっただけなわけです。口を開けば(キーを叩けば?w)長くなることはわかっておりましたので。

けれども、勿論、ニュースは見ておりましたし、ブログの巡回などもしておりましたので、例えば
「人が死んでるんだぞ!」
という記者会見での怒号とか、ニュース番組で被害者の何人かをピックアップしてお涙頂戴的な放送を流していることとか、日勤教育のこととか、どらねこが飛びつきそうなネタ(爆)があったにも関わらず、GW中の忙しさにかまけていて書く機会を逸してしまって、あれよあれよというまに時間は流れ、他のブログを見ているとどらねこが書く文章よりもはるかに読みやすい文章でどらねこが思ったことを代弁してくれてでもいるような文章があったり、どらねこが調べるよりもはるかに凄い情報量で裏づけを取った上での文章でどらねこの知らない知識を教えてくださる文章があったりと、色んな意味で今更このエントリーをするのも旬じゃなくなってるしどうかなぁなんてちょっと弱気な事を思ったりしていたのですが……。

ワールドワイドに発信しているとはいえ、このブログを見に来てくださっている方はまぁ、ユニークアクセスにして1日に100アクセスあれば凄いと感心できる日だと思ってますので(爆)、「旬じゃないから」なんて自分に言い訳をしながら書かないよりも、思ったことを素直に書いて、この時の自分はこう考えていたのだという記録を残しておこうと思います。

だいたい、旬じゃないから書かないなんて、一番キライなマスコミっぽいでしょ>自分
ゴメン自分。超反省。猛烈に反省orz

というわけで、この先は何を今更……というような部分を含むかもしれませんが御了承くださいね。

それでも先を読まれます?
posted by でーひー at 11:47| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

イラクでまた;;

朝寝起きのニュースみてのエントリーです。
イラクで日本人拘束、武装勢力が犯行声明
だそうです。

拘束されている「斎藤昭彦」さんの無事を祈ります。

それにしても
posted by でーひー at 07:34| Comment(1) | TrackBack(5) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

マスコミと報道

このあいだから、エロ牧師のこと、ジョイポの事故のことを考えてきましたが、結局筆がすすまず、宙ぶらりんになってしまってます。
で、それはなぜかというと、そのことからどんどんどんどん話が大きくなってしまって収集がつかなくなってしまうのです;;ごめんね、大風呂敷広げたくなっちゃうんだよぅ;;

なので、今日はその話を広げたくなってしまう原因のひとつである、『マスコミの報道について』に限定して語ってみようかと思います。

昨日は兵庫の列車事故で多くのニュース番組がそのことを報じていました。
想像を超える大惨事で、多くの方が怪我をし、また70人以上の方が亡くなったそうです。亡くなった方の御冥福を祈ります。また、怪我をされた方のはやくの回復、救出活動に携わっている方々、救出を待っている生存者の方々の無事を祈ります。

わたしたちはこの事件をテレビやラジオの速報によって事故のおきた数刻後には知ることが出来ました。またその現場の凄まじさ、異様さも見ることが出来、目撃者や生存者の興奮した『生の声』を聞くことが出来ました。
それはとても凄いことであると思いますし、ネットの「ニュースサイト(個人サイトや掲示板などを除く)」にその情報がアップするよりも前に電波にのっていたという事を考えると、『速報を伝える』という点ではこの二つのメディアはネットをはるかに凌いでいると言っていいと思いますがそれはまた別の話。

さて、速報はそのスピード性を要求されるが故に、多少の間違いは許される場合があります。そして時間の経過に比例して、ニュースは情報の正確さを求められるようになっていくわけですが、要するにそれは、その事件の記事を書く記者がいかにその事件とそこに関連する物事を調べて記事に出来るかを問われているわけで、いかに記者が調べられるか、勉強できるかが勝負だと思うわけです。

でも、最近の記者は勉強不足じゃないですかねぇ?
posted by でーひー at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

共同会見ですって

ようやっと一段落でしょうか。まぁまだなんかあってもおかしくは無いと思いますけれども。
ここで共同会見の映像がみれるっぽいです)

なんだか、第三者というか野次馬視点からみてみると非常につまらない結果におちついてしまったような気がします(爆)
お金で解決したのね、結局……。

で、えーと、ニッポン放送株を持ってるライブドアの子会社をフジテレビが買うことでライブドアが借りた自社株を担保に借りたお金をフジテレビが返済して、さらにフジテレビがライブドア株を買って、フジテレビとライブドアの業務提携のための推進委員会設置?であってる?
間違えていたらゴメンナサイ。まだ良くわかってないですケド……;;

しかし、1780億円かけてニッポン放送を完全子会社化ですか……高い買い物をしましたねぇ、フジテレビはw
のほほんと胡坐をかいていたフジテレビを揺らすことに成功したホリエモンは頑張ったと評価してもいいとおもいますよ?フジテレビがそのままドッシリ座っていればまた全然違った結果になったでしょうけれど。

それにしても亀淵社長がなんか一番ほっとしてるみたいですね?w
posted by でーひー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(25) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

そんな地震の日に

救命病棟24時のスペシャルをやってるのも何というか……。
そして、期待して観てるのに、45分を経過した今のところ、総集編の域を出ておりませんヽ(`Д´)ノ

ていうか大泉洋……。

やっぱりフジに利用されてなぃ?(爆)
posted by でーひー at 23:47| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

記者会見Live

「今後フジテレビ株をどこかに譲渡するとかポニーキャニオンのコンテンツはどのようにするのか具体的にお答えください」
という記者の質問にかぶせるようにCMディスカ!?
そこが一番聞きたいところでしょっ!
テレ朝とフジがほぼ同時にCMに入るのを見て、なんともいえませんでした。
同じ頃、日テレとTBSは全然別の(今やらなくてもいいような)特集、NHKは小泉純ちゃんの会見のLive、NHK教育は天才てれびくんMAX、テレ東はアニメでした。
いや、NHK教育とテレ東はある意味流石というべきでしょうか。
そして首相のお言葉Liveをその時間にやってるのがとても印象的だったのでしたw

取り急ぎ。そろそろニュースサイトが熱いかなー?w

で、色々ニュースをみたわけです。
posted by でーひー at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

TVに関連して

そういえば土曜日の午前中って、わりとこの一週間の出来事を振り返る系の情報番組が多いんですけど……。

竹島問題とか、対馬の日とか、韓国のダークな記事はほとんど取り上げないくせに、
韓流スタアの事はしっかりとやってますよね


なんかもー、呆れましたよホントに;;


ペとかピとか言ってる場合じゃないだろ、と
posted by でーひー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(2) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジVSライブドア

なんだかドンドン加速してて、結局事務レベルでの提携会談みたいなのはあったらしいですね?相変わらず平行線みたいだけどw
で、FNS27社がフジ全面支持の声明文採択だそうで、
「ライブドアは他社より優れたIT技術はなく、独創的なアイデアもない(要約)」
と、言ってのけたのは支持するけど、だからといってフジを応援しようとは思わないなぁ……。
だって、頭の固いお爺ちゃんと支配されてるのが楽だと考えてるおじちゃんたちが、旧態依然のまま支配を続行するために悪あがいてるようにしか見えないものw

そうは言うものの
posted by でーひー at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

Video Killed The Radio Star

相変わらず、書類作りに追われているのです。
23日にはソフトがバージョンうpするんでそれの説明があるんだって( ..)φメモメモ
で、仕事中、記事タイトルの曲がラジオから流れてきました。
ラジオからこの曲が流れてくるのはとても皮肉めいている気もするわけですが、そういいつつもラジオが死ぬことはなかったわけで。
でも、そうやってこの曲が流せるくらいに開き直ったラジオというメディアはとても強いと思うし、実はネットを使ってすでにいろんなことをしている割と新しいメディアに生まれ変わってきている所も(局地的にですが)あるわけです。例えば(皮肉なようですが)ホリエモンの本拠地六本木ヒルズにあるJ−WAVE(ttp://www.j-wave.co.jp/)なんかはホリエモンの言うところのインターネットとメディアの融合という理想に近いような印象をうけます。
だから、まぁ、ホリエモンの言うインターネットとメディアの融合とやらが目新しいかどうかというととても疑問なわけですが、ニッポン放送のサイト(ttp://www.1242.com/)はその対して目新しいとも思えないメディアの融合までも至ってないとも思うので、そこまで引き上げるという意味ではまぁホリエモンの言うことも納得できなくないかも。インターネット放送とか、過去の放送のストリーミングとかやってる努力は認めるけど、それはメディアの融合じゃなくてインターネットで『ラジオ』をやろうとしてるだけだと思うしね?
でまぁ、フジテレビの日枝会長が「彼はTVは無くなると言ってますが私はTVを守っていく立場の人間で……」とか言ってましたけど、TVがラジオスターを殺したように、TVが他の何かに殺されると思ってなかった事をあからさまにわからせる発言でしたよね。危機感が足りない以前の問題で、なんともトホホな人だなぁと思ったのはどらねこだけかしらん?地裁で負けた瞬間に手のひらを返したような発言も飛び出したしねw

で、そういえばちょっと前にこんなのはやったなぁって事でリンクしてみるw日本語版もあったのね。知らなかったぁ。

まぁラジオが生き残っているように、TVだって廃れることはないでしょうけど、TVこそが最高のメディアだなんて思い上がりだと思うけどな?w(だからってインターネットが最高と言おうとは思わないけどさ)

そういえばこれは……
posted by でーひー at 23:59| Comment(4) | TrackBack(1) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。