2005年08月06日

TBSのヒロシマ特集

たまたまTVをつけたらこんなのをやっていて、ながらで観てたら吐き気がするほど駄目な映像で、どらねこのマスコミ&メディア嫌いを増幅させてくださったわけですが、じゃあ観るなよという突っ込みは無しな方向で。

でも先ずは、60年の悲劇で亡くなられた全ての人たちの御冥福を祈らせてください。

ていうか今日は勢いで書かせていただきます。TBSのヒロシマ特集を観てない人はごめんなさい。判りづらい文章を書くかもしれませんがごめんなさい。と、はじめに謝っておきます。
しかもゴメンナサイね、先にも書いたように、別なことをしながら観ていたものですから、正直全部見ていたわけではないので、もぉ脊髄反射みたいなものです。でも気持ち悪いんですよぉ;;

核はこの先もなくならないかもしれません。
北朝鮮は核を振りかざし、世界ではまだまだ核実験が繰り返されています。
核を持つ国がそれを持っているという事だけで権力……力を持ち、持たない国はお金でその力を買う。世界はそんな風に動いているのかもしれません。

世界で唯一の被爆国である日本。
原爆の恐ろしさを語れる唯一の国であることは間違いありません。
しかし、被爆された人たちがどんどん亡くなられて、記録だけになりつつあるのも事実です。
そういう意味で、あえて原爆の特集映像を作るのは間違えたことではないでしょう。
また、日本は、被爆した国であるという事だけを忘れないようにするのではなく、そこに至るまでの歴史も忘れてはならないのでしょうし、それを正しく(ここ重要ね。捏造された歴史を信じろって言ってるんじゃないのよ)知ることは重要だと思います。
そういう意味では、原爆の悲惨さだけに偏らず、アメリカがどういう風に考えて原爆をおとしたのかなどを語ったのは多少評価に値するかもしれません。

でも。だからとて。

TBSが何を目的として原爆の開発チームの一人をわざわざ広島につれてきて被爆した二人と会わせたのか全然理解できません。
開発者、研究者が、自分の歴史に残る研究や発明……それがどんなものであったとしても……に対して謝罪するわけがないでしょう?
それで戦争が終わったという事実は間違いのないことですし、アメリカ側から見れば「見せしめの為には被害は大きい方がいい」のも間違いのないことでしょうし。そういう意味では、開発チームの一人に原爆の悲惨さを見せたって、「我々の研究は成功した」という感想しか持てないのは仕方がないじゃないですか?開発チームの一人を連れてきてその人に謝って欲しいと言うのは間違えてますよ。彼一人に罪を着せるのは間違えてますよ。それが出来ないと判っているのに、「被爆した二人が彼に会いたいという希望を持っていた」みたいなナレーションを入れて自己弁護するのは卑怯ですよ。今まで彼が生きてきた全てを否定するのは無理ですよ。

人は多分、自分が経験した事以外のことは絶対に理解できないかもしれません。わかった気になるだけなのかもしれません。でも想像は出来るはずなんです。
「リメンバーパールハーバー」と言ったあの開発チームのおじいちゃんも、たまたま自分は助かったけど姉を亡くしたおばあちゃんも、お互いの立場があります。お互いの立場を考えたら、あの人たちを会わせるという事がどれだけお互いを傷つけるのか、想像できるはずです。

戦争が悪いのだ。自分だけが悪いわけじゃない。

彼にそう言わせたTBSは、そういう映像をつくった自分は悪くないと信じきっているんでしょうねぇ……。
posted by でーひー at 00:41| Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログへのコメント、どうもありがとうございました。「会わせる事の残酷さ」と言うのは全く考えていなかったので、こちらのブログを読んで、なるほど確かにこういう一面もあるのかもしれないと思いました。
私も、あの博士にあの場で謝罪を求めるのは無理だしそこまで要求してはいけないと思います。でも、あの取材(?)で博士が「キノコ雲の下から見た原爆」について知って、何か(それがこちらの思惑通りのものでなかったとしても)を考えるきっかけになったとしたら、博士の訪問も対談も全く無駄ではなかったのではないかなと思います。

「人は多分、自分が経験した事以外のことは絶対に理解できないかもしれません。わかった気になるだけなのかもしれません。でも想像は出来るはずなんです。」
全くその通りですね。
他人の痛みに無関心ではない、せめて想像しようと努力する事の出来る人間でいたいです。
皆が心がけたとしたら、世界はもっと良くなるのかな…などと楽天的な事を考えてしまいました。

長々と失礼しました。
またお邪魔させて頂きますね。
Posted by かなで at 2005年08月09日 00:52
かなでさん、いらっしゃいませ♪
本当に、世界中のみんなが、もう少しだけでも想像力を豊かにしたら、この世界はもっと住みやすくなると思いますよ!
楽天的なんて言わないでくださいwどらねこも本気でそう思ってるんですからw
Posted by どらねこ@管理人 at 2005年08月10日 22:29
ヒロシマ・ナガサキは
原爆の人体実験場となり

戦争の終結
ソ連への牽制
アメリカの世界的アドバンテージ

いろんなものを集約された悲劇だと思います。

ものすごく大きな
政治の渦の犠牲になったのです。

戦争の爪あとは世界中で

それは今も政治に利用されたり
逆にそれを他国から批判されたりと
収拾・解決のメドが立ちません

謝罪・賠償は深い問題です


今僕が考えられるのは

できうる限り
熱戦に
人が血を流さぬよう

政治レベルで予防線を張るよりないと考えています。

3万発もある核弾頭

先に撃とうと考えるものが一人でもいたら

人類は滅んでしまうだろうに

もう 互いに威嚇していなければ
なくせないような
具合の悪い関係になってしまいました。

Posted by ヤスハル at 2005年08月16日 05:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5653060

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。