2013年02月11日

「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルスのプログラム

今日のツイッターで一番アツかった話題だと思うw




天下の朝日新聞の文章です。
「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルスのプログラムが記録されていた……って。

とりあえず読んだ瞬間吹いたwww

そしたら、吹いた人たちがいっぱい居たらしいwwwww
「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルスのプログラムに多くのプログラマが戦々恐々
【遠隔操作】”ソースコード”というウイルスに慌てふためくtwitter民

吹いたコーヒー返せwwwww


でもね、この文章って
首輪に仕込まれたメモリーカードには、『「ソースコード」と呼ばれる遠隔操作ウイルス』のプログラムが記録されていた。
っていう読み方と、
首輪に仕込まれたメモリーカードには、「ソースコード」と呼ばれる『遠隔操作ウイルスのプログラム』が記録されていた。
ていう読み方で意味が違うんだよねぇ。まぁ、ソースコード=プログラムかっていうと厳密に言えばちょっと違うから(とりあえず、ソースコードって何?っていう人はウィキペディアでも読んでw)、結局正しい文章ではないし、この書き方って
『「レシピ」と呼ばれる料理方法が記録されていた』
みたいなすごく頭の悪そうな文章だしなぁ……。

で、みんなが反応したのは、前者の方で受け取ったから。
つまり「ソースコード」=遠隔操作ウイルスの名前、という文章ね。
例えば、
#include

main()
{
printf("Hello World\n");
}

これって、C言語っていうプログラミング言語の「ソースコード」なんですけどw

うはwww「ソースコード」書いてやったぜwwwでーひーもウイルスを作る犯罪者だぜwwwww

ていう事に受け取れるよねwwwって事。
まぁ、悪意に満ちた受け取り方ですが、こういう風に取れる文章を売ってる朝日新聞ってどうよ?w

まぁそれはさておき、でーひー的に面白かったのは、その次の「アルファベットや数字の文字列だ」という一文。『アルファベットや数字の文字列』とか言われると、さっきでーひーが書いた「ソースコード」のような物じゃなくて、なんか、
qawsedrftgyhujikolp
みたいなランダムっぽい文字の列ってイメージしません?w
っていうか、この一文って、必要なの?www
余計に混乱を招く気がするwwwww

日本語って難しいよねw
でも、新聞って読んでいる人に判りやすく情報を伝える物でなければならないですよね?こうやって、どうとでもとれるような文章や、正確に物事を伝えられない文章を世に送り出している時点で、朝日新聞はどうかと思うなぁ。元々好きじゃないけどw朝日www

まぁ少なくとも、書いている本人が何の事を書いているかわかってないのだけはよーく判ったwww

ちなみに、この文章、
「首輪に仕込まれたメモリーカードには、遠隔操作ウイルスのプログラムの「ソースコード」が記録されていた。」
ってすれば誰からも突っ込まれなかったのに、と思ってみたりして。

ところで、朝日新聞的にはこんなに話題になっているのに無反応なのかなぁ……?
すげー気になるけど、朝日新聞取ってないから知りようがないねw
その後の顛末があるなら、教えてくださいwww
どうせ、せいぜい「誤解を招くような文章があったことをお詫びします」程度だとは思うけどさ。


そんな中、このツイートを見て更に吹くwww


地方紙に負けたかwwwww朝日wwwwwww


posted by でーひー at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。